Shoya Tomizawa Official BLOG

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  | 2017/09

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/19(Wed)
「前半戦を振り返って・Part1」いかがでしたか?
さて、「Part2」筑波編です。

[筑波編]
2006前半戦_R2筑波 Q1:第2戦の筑波の話だけど、あいにくのウェットコンディ
  ション、レインタイヤは初めてだった?

A1 :レインタイヤ自体は初めてじゃなかったけど、フル
   ウェットコンディションでのレインタイヤは初めて
   だったんだ。でも、楽しかったよ。

筑波は決勝前にセッティング変更してそれが大変だったんだ。
スタートはホールショットだったけど、その後なんかバイクと一体化しないんだ。
バイクと自分がバラバラって感じで、それで徐々に順位を落としちゃったんだ。
でも、レースをしながら乗り方を変えて、1速上のギヤで走ると速いことがわかったんだ。それがわかってから、なんとか菊池さんまで追いついたんだ。
Q2:菊池さんに追いついたときは戦闘モード全開になった?

A2 :もちろん精一杯!と言いたいところだけど。。。ん~95%でがんばったかな。
   1戦目が転倒でノーポイントだったから、今年のMotoGPもてぎ・125クラスに
   スポット参戦するためには、なんとしてでもこのレースでポイントを取ることは
   必須だったんだ。
   もてぎにスポット参戦できるかどうかは、前半戦の3戦までの順位でほぼ決ま
   っちゃうからね。
   いつもの自分だともてぎみたいに120%でがんばっちゃうから、95%に抑え
   るのは結構大変だった。
   だからレースとしても自分としては良いレースとは言えないかな。それでも
   最後の1周は思いっきり攻めたよ。

Q3:そうか、自分で自分のテンションを調整しながらレースしてたんだ。
  ベテランの菊池さんとのバトルはどんな感じだった?

A3 :菊池さんとのバトルは仲城さんとはちょっと違ったな~。なんか全然違うタイ
   プなんだ。
   俺と仲城さんはどっちかというとタイプが似てるんだけど、菊池さんはそれとは
   ちょっと感じが違うんだ。ベテランの渋さ、つうかいやらしいって感じかな(笑)

Q4:熱いバトルの末、全日本初表彰台飾れたわけだけど、どんな気分だった?

A4 :う~ん、普通。っていうか、俺の場合レースが終わったあとの1周が一番好き
   なんだ。そこでテンション目一杯上がってるから、1周が終わると平常心に
   戻っちゃうんだ。
   だから、レースのあとの1周は応援してくれたみんなに手を振るだけじゃなく
   て、ひとりひとり握手したいくらいだよ。
   俺の応援をしてくれてたんだって思うと、ほんとに側に行きたいくらいだよ。
   でも、レース進行があるからさすがになかなか行けないけどね。
   あと好きなのはやっぱりグリッドに並んだときの戦闘前のなんともいえない
   緊張感。これも最高だね。
   100M走のスタート前の「よ~い!」って言われたときの緊張感っていえば
   みんなにわかりやすいかな。

あのなんともいえない緊張感を楽しめるってのは、さすがアスリート!
筑波は気持ちを調整しながらで祥也自身としては、不完全燃焼だったせいか、このレースの気持ちはトップ写真の表情だそうです。
だけど、レース後の1周はかなりテンション上がっているそうなので、応援している皆さんも盛り上がってくれれば、祥也はロッシみたいになんでもやってくれるかも。。。(笑)

次のオートポリスはまた後日UPしますので、お楽しみに!
みなさんのコメントもお待ちしております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shoya48.blog64.fc2.com/tb.php/26-5ea72255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。